スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

イベントの裏の裏。開催までの道

mabinogi_2010_03_16_150.jpg

ねんがんのすぱーく1Pを手に入れたぞ!(挨拶)
いやー50週行く前に出てよかった!
良かった・・・・けど・・・・。
出したご本人「5M+永遠の愛と交換」と捏造なさってました(ノ∀`)
5Mは進呈したけど愛はきのこのものよ!(ぉ

※私信:某方へ。今回は雑記なのでリンク追加を見送らせていただきました。申し訳ありません。













ということで、今日はイベント開催までに用意した色々なものを流れを追ってご紹介。
ついでにというか、こちらが本題なのですが、自分で反省するために問題だったと思った点を挙げていきます。
文字ばかりで面白くないと思いますのでご了承ください。


今後イベントを企画しようかなと思っている方の参考になれば、と思ってのことです。
ここは皆さんの踏み台になるブログです!
ブログにコメントをする練習とかにも使って行ってね!






















さて、早速内容に参りましょう。



結論から言えば、用意したファイルは以下の通りです。
・大まかな流れを書いた台本(約3300字のテキストファイル)
・クイズ出題用のテキストファイル
・クイズ解答用のテキストファイル
・メモ用&何度も使う語を書いたメモ用のテキストファイル
・参加者とクイズの正否をメモ出来る表(エクセルで作成し、印刷)





また、ウィンドウズ付属のメモ帳ですと一々文字を全て選択しないといけません。
そこで行頭をクリックすればその行が全て選択できるアプリケーションを使用します。


ワードでもいいのですが・・・。
多重起動すると重くなくかも知れませんし、正直余計な機能が多いので使用を見送りました。




自分が使用したのはTeraPadです(クリックでサイトへジャンプ)。
前々からメモ帳代わりに使っているのですけどねw


このTeraPadはhtmlやC++、Javaの編集にも役立つ等かなり万能だったりします。





・・・宣伝はこの辺にして。








何故ファイルを複数用意するのか。
何故行頭をクリックしただけで行全てを選択出来るようにするのか。


答えは簡単。
どこに何があるかを明確にし、混乱を避けるため。
コピー&ペーストの手間を省き、無駄な時間を作らないため。



ここら辺はまた後で少し触れます。







補足ですが。
自分はマウスの横に2つボタンが付いているものを使っています。


この二つのボタンにコピーとペーストを割り当てているため作業が更に高速化出来ました。


マウスでコピペが出来なくても。
キーボードのCTRL+Cでコピー、CTRL+Vで貼り付けは覚えていて損はないはずです!
日常の作業でも知っているとかなり作業を効率よく出来ると思うので是非使ってみてください。




また、デュアルディスプレイという画面が2つある恵まれた環境なので、台本などを表示してもマビのウィンドウが隠れないという利点がありました。
これも作業がスムーズに出来たのに大きく貢献していると思います。























環境のお話しはここまで。


次はイベントの計画を練ります






と言うよりも、自分のやろうとしているイベントの特性を見つめ直す事をします。





大きく分類すると2つ。
・主催者や共演者が壇上に上がり、観客がそれを見る形式。
・主催者と参加者が一緒に行動する形式。







後者ですと、イベントの大まかな流れさえ考えていれば台本は不要です。


理由は2つ。
・主催者との距離が極めて近く、会話が主となるため。
・むしろ台本があると形式的で冷たい印象を与えかねないため。



その場の空気を大事にしようってことですね。












問題は前者。


そもそも壇上に上がるということは、参加者との一定の距離を取り、コチラの都合を参加者に押し付けるということになります。
・・・やや大げさに書いていますが、自分は間違いではないと思っています。



これは避けようのないことです。
壇上と観客席で明確にライン引きがなされているわけですし。




ここで台本が必要になってきます。






観客となってみると分かるのですが、見る側で一番苦痛なのは何もないのにただ待たされている時間です。


飽きます、イライラします、帰りたくなります。


この何も無い待ち時間というのは観客に確実に悪い印象を与えるので避ける努力を怠るべきではありません。






・・・そこで、台本なのです。
大事なことなので「台本」と二回言いました(`・ω・´)キリッ









台本と言っても、ドラマの台本などのように他人を自分の思う通りに動かすためのシナリオではありません。
他人の行動を予測し、且つ、自分の都合のいいように誘導するためのシナリオです。



他人の行動を予測したところで実際は違った反応が返ってきます。
ええ、ほぼ100%そうだと思います。




そこで求められるのは臨機応変な対応。
完璧な台本よりもコチラの方が大事と言えるでしょう。


想定外の展開にフリーズなんてしている暇はないのです。











以下、用意した台本と実際に発言した内容を雰囲気をつかめるように挙げておきます。
※地の文が台本。打ち消し線や()内コメントが実際の状況やその時の対応です。



みなさ~ん。
\ノ'∀ンフッフー!
・・・。
反応薄くないですか?
もう一度やるから、今から3秒の間にチャット欄に「フッフー」って打ち込んでね!
じゃあいくよ~!?せーの、
\ノ'∀ンフッフー!!
よしよし、よく出来たね(*´ω`*)
みんなやれば出来る子じゃないのっ
ということで、これから
円周率の日イベントを開催いたします!!!
では早速3.14から順番に言っていきましょうか(*´ヮ`)
・・・。
え、イベントの内容が違う?
 (みんながノリノリで誰も否定しなかった為却下)
はは、ご冗談を(笑)
では問題です。
このイベントは円周率の日イベントである。
○か×か!!
○ならバックルの方へ、×ならリボンの方へ移動してくださいっ
はりーあっぷ!!(打っている暇がなかった)
おまえら!
ここは戦場なんだぞ!!
一瞬の気の緩みが不正解に繋がると思え・・・。
(「おまえら~思え・・・。」は解答後に移動)
はい、たいむあーっぷっ
不正解の方のアクセサリは爆発する仕掛けになっておりますので気をつけてくださいね☆
それでは正解発表です。
正解は・・・・・・
×!

○を選んだ勇者の方
(間)
おかえりはオミケサマとなっております(はあと)
と冗談はさておき、

こんな感じで進めていきますよ!(これは元から○を選んだ人がいなかった時のためのセリフ)

ふふ、冗談ですよ?じょうだん(ニヤリ

それでは(「ただ今より」を追加)
ホワイトデーにクイズで逆襲!~私女だけどお返ししてあげるわ~
を開催いたします!
どんどんぱふぱふ~
(「演奏の効果音はない!」を追加)









とまあ、冒頭の部分だけでこれだけ改変を加えています。
ログをハイパー流し読みでも雰囲気を掴める能力があるといいかも知れません・・・。










また、最初のクイズの後で


以上でマビノギ3択クイズは終了です。
自信がない問題で他の人の動きを見て解答を決めちゃったりしちゃった?
ふふ、かわいい子ね(*´ヮ`)
次は自分で決めてみようね!( ゚д゚ )



というのを台本に盛り込んでいました。




これは3択クイズで更に移動形式という特性を踏まえて「自分だったらこうするかも知れない」という予測をして書き加えていたんです。


・・・すると

mabinogi_2010_03_14_056a.jpg

見事にビンゴだったようでww







こういう風に、自分がどういう展開にしたいのかだけではなく。
相手の反応も予測してそれを踏まえた台本作りが出来るとより親しみの沸きやすいイベントになるのではないでしょうか?


偉そうに書いてますが、冒頭の部分で見事に外していることをお忘れなくww
しかし心がけてはいるのです。
























さて、台本の体裁が整ってきたら実際にマビノギ内で発言するとどうなるかをチェックしましょう。
これを怠ると火傷をすると思います。




マビノギのチャットでは字数制限があります。
また、発言数制限もあります。



字数制限は言わずもがな、1回で発言出来る最大文字数の制限です。
台本の中で一番長い発言をコピペして文が切れないかを確認しましょう。




次の発言数制限は主にカウントダウンで引っかかります。
連続して4回以上の発言が出来ない仕様だったと記憶しています。


例えば。
3→2→1→0の順でカウントダウンをしようとすると、
3→2→1と発言出来ますが、”3”の表示が消えるまで”0”を発言することは出来ません。



ですので、出来る限り1つのまとまった文章は3行以内に収めるのが理想でしょう。





エモーションやスペースだけの実質無言での発言でリセットできますが、あまり印象の良いものとは思いません。
少なくとも自分は。



なぜかと言いますと、動作の早さから単純に少しびっくりしてしまうのと、発言を読んでいる途中でされてしまうと焦ってしまうからです。
ログを開いて読めばいいのですが、手間もさることながらログウィンドウを開くときに動作が重くなる可能性もあるので観客に負担をかけることになります。






ですので自分は諸注意の時に
「次に、問題は一度しか読み上げません。
メッセージログを表示しておくと便利かも知れません。」
という一文を付け加えました。













・・・ここで少しわき道に逸れますね。




自分では当たり前と思っている環境。
それが果たしてその場にいる全ての人に当てはまると思いますか?




答えはです。





本当にみんなに楽しんで欲しいと思うならば。
分からないことを前提に話を進めなくてはなりません。





ですので、自分は楽器演奏を行う旨を述べ、ボリューム調整の時間を設けました。
先ほどのログウィンドウを開いておいた方が良いという後にもログウィンドウの開き方を付け加えました。




正直に言って余計なお世話でしょう。
誰でも知っていることなのでしょう。






しかし、万が一誰か一人でも知らない人がいて、その人が途方に暮れて楽しめない
自分はそれを絶対に良しとしません。





だから余計な一言だと時間の無駄だと言われるかも知れないと覚悟の上で盛り込みました。
後悔はしていません。
文句を言われたってこれだけは譲れません。










・・・今までこのブログを読んでくださっている方はもうご存知かも知れませんが。




自分は出来る限りフェアーである事を望みます。





甘ったれているのはわかりますが、理想すら低かったらその行いもずさんになると思います。









絶対に”フェアーである”なんてない。




・・・わかっています。







それでもそれに近づけることは出来ます。
努力することが出来ます。










その一つの結果が、あのクイズたちです。









誰でもかすかに知っていること。
しかしその先は?




・・・意外と知らないですよね。





つまりあのクイズは実際は勘を試すものだったんです。



もちろん知っているに越したことはありません。
むしろ知っておいて欲しいことも盛り込んでいました。









これはマビノギクイズで顕著ですねw


トロール語の法則、イリアの広大なマップに佇む様々なオブジェクト、ギルドクエストスクロール・・・。







最近は戦闘ばかりが重視されていると思います。
高額エンチャントとか、なんといいますか、欲にまみれていると思います。



そんな中、昔から変わらないマビノギの魅力・奥深さというものを少しでも思い出して欲しかったのです。
バンホールにいる少年はショーンともう一人。
彼の名前がわかりますか?



調べれば「あぁ~」と思うような、けれど忘れてしまっている事。
普段は目にも留めない事。



そんなことをクイズにしました。








だから「難易度が高かった」と言われたのかも知れませんねw
























とまあ、自分自身に関するどうでもいいことをブチブチと書き連ねてしまいました。
寝ようと思ったのに書き始めたらこの始末だよ!!(ぁ








台本が出来たら進行の仕方です。




成すべきことは多く・素早くこなす。




これに尽きるのではないでしょうか。









口頭だけでは耳が寂しいです。
音楽を入れましょう。


それに、盛り上がる要素としてBGMは重要です。







そして何よりも待たせないこと。


これが一番重要であり難しいことであり自分の課題です。




会話をしている人は会話を楽しんでいれば待ち時間も退屈しないかも知れません。
しかし、会話に参加していない人は?




誰もが積極的に場外の会話に参加できるわけではありません。
自分もそうです。
中に入ってしまえば会話も出来るかも知れませんが、”中に入る”という行為が非常に勇気の必要な行為なんですよね。







なので、壇がある場合は壇上から観客全体が平等に受け取れる娯楽が常にあるべきだと思うのです。








前の記事のレポートにも書いたのですが、一番後悔したのはこの点です。
一番注意したはずなのに、失敗してしまった。



緊張していたとかそんな事で許されることとは思っていません。



もし、あの時助けがなかったら。
・・・寒気がします。





もしかしたら誰も怒っていたりはしないのかも知れません。
けれど、確実に自分の失敗であり、それは自分に刻み付けておくべき事だと思いました。





その経験を次に活かす為に。
上手く活かせるかはわかりませんが、努力出来る様に。







向き不向きは誰にでもあります。
けれど不向きを”自分向き”に変える努力をしなければ何も出来ないままだと思っています。






言うは安し行うは難しの典型ですがw
医者の不養生ともいいますね。























とまあ、色々と考えていたこともあり、慣れない主催と言うこともあり、前日から胃が痛かったわけです。
本当に大丈夫か?なんて考え出したらキリがないですからね。
疑心暗鬼という言葉通り、疑いは疑いを生んで負の連鎖に陥ります。







参加者の方々から見ればそれなりに上手く行っていたらしい今回のクイズイベント。
自分から見れば、甘く採点して100点満点で50点ですね。
納得のいかないことばかりです。




人を相手にする上で100点を取れる日が来るとは思いません。
しかしそれを夢見て努力する事は出来るはずです。





んーっと、長ったらしく書いていますが。
それらしい打開策が見当たればまたこういったイベントをやるかも知れないということです。




今はまだまだ模索中・・・。




















ということで、かなり長くなりましたが以上です。
根本にあるのは”みんなに喜んでもらいたい”の一言に尽きます。
それを成すことは非常に難しいです・・・。



願わくば自分の周りに一つでも多くの笑顔がありますように。
みんなの笑顔が、自分の笑顔。



そんなかむなんちゃらのなが~~~い独り言でした。





読んでくださった方、お疲れ様でした。
ありがとうございました。


もしかしたら「こんなこと知りたくなかった」とお思いになられるかも知れません。
おっしゃるとおりです。
こういうことを書いて「頑張ったんだね、お疲れ様!」と声をかけて貰いたいという甘えです。


けど。
知ってもらいたかった。


こういうことがあって、こういうことを感じた。
紛れも無い事実です。
そしてここは”自分”を表現する場ですからね。



ここをご覧になられる以上は私の我が侭に付き合うお覚悟をw







ではでは、いよいよもって長いのでここまでです。
明日朝起きたら後悔しそうな内容だけど反省はしていない!
後悔は既にしてるけどな!!(ぁ


あでゅー☆

02 : 04 : 59 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<今週の残念なお知らせ | ホーム | 無事では済まなかったイベントレポート>>
コメント
イベントの裏側って大変ということぐらいしか頭になかったけど、こうやって具体的に示してもらえたから、イベントを主催する人たちがいかに情熱を持って取り組んでるかってのがわかって良かったです。
本当にお疲れ様です。

>マビノギの魅力・奥深さ
最近こういうのすっかり忘れてたねw
色んな本をじっくり読んで世界観を学んだり、街に行く度にNPCと様々な会話をしてその反応を楽しんでた初めの頃を思い出しました。

あと普段は口数少ないけど、かむさんの色々な活動を影ながら応援してますよ(´∀`)
by: やんふぇい * 2010/03/18 04:31 * URL [ 編集] | page top↑
\ノ'∀ンフッフー!!
ま、大変さはギルチャの叫びで分かってはいたが予想以上に大変だぬぅ。

昔イベントした時台本なんて作らなかったなー(ぁ

頑張ったんだね、お疲れ様!?

いわねーよ!?(ぇ

次回もよろしく!
by: あやにゃん * 2010/03/18 08:27 * URL [ 編集] | page top↑
頑張ったね!お疲れさま!

ある程度は予想がつくとはいえ、
実際の苦労?は大きなものだったと思います。
でも、あの会場に居たみんなが楽しめてたと、観客側から見て思いましたよ~

本当にお疲れ様でした!(何度も言っちゃうよ!)
by: 蓮華 * 2010/03/18 09:17 * URL [ 編集] | page top↑
頑張ったよ!
今回の事で自分が特に言う事はないと思います。が。
大変ご苦労様でしたっ。
見てるこっちも、「かむにー頑張ってるなぁ」っていうのがひしひしと伝わってきました。

すごく大成功(反復)だったと思います!!
次回も期待っ。
by: まーちゃん * 2010/03/19 01:13 * URL [ 編集] | page top↑
実際にはいってないけれども
ブログをよんでいてみんなの声をきくとみんなたのしめたんだな~とおもいましたw
そして主催者のかむにゃの努力とがんばりはすごいとおもったw
自分もイベントをやったことあるけどいきあたりばったりで台本とか用意したことすらなかった@w@
かむにゃの考え方は好きだけど自分もそういう風にやりたいなーっておもってもそうはいかなかった(
なにわともあれお疲れ様でしたw
by: 羊の皮をかぶったもふもふ・w・ * 2010/03/19 08:43 * URL [ 編集] | page top↑
途中からでしたがありがとうございました
イベント進行をほとんど1人で切り盛りしたかむにゃあは大変すばらしかったと思います

こういうイベントの裏方仕事は興味があるし、たぶん得意なので、次回があれば企画段階からお手伝いしますよ

とか言っておく…
by: あぶ * 2010/03/20 16:13 * URL [ 編集] | page top↑
かむにゃんのみんなと同じように楽しんでもらいたぃぃぃぃ~!!って想い、
しっかり感じてましたょ~♪♪(^^;;

ほんとにほんとにありがとでした♪

        そしてお疲れ様~w



次回こそは、最初から参加するのだぁ~~!!(ぉ
by: さくら * 2010/03/20 17:47 * URL [ 編集] | page top↑
>やんふぇい
やるからには持てる物を全部ぶつけていかないとお客様にはすぐにわかっちゃうからね。
自分でも改めてイベントを主催する大変さがわかってよかったと思うw
いい経験だったなあ。

きっと最近始めた人はムーンゲートの由来とかもわからないんだろうなあw
時間がある時に是非アイラを訪れてくださいまし(`・ω・´)

や、やだストーカー!( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン


>あやにゃん
無駄に凝り性っていうこともあるかもしれないw
いわねーとかなんというツンデレ!
次回は来年とかになるです!(ぇー


>れんちゃん
あやにゃんの分もありがとうございます(*ノωノ)
みんな楽しんでるっていう雰囲気があって、それを観客のれんちゃん自身も感じてくれてたなら良かった><
ありがとうね!


>まーちゃん
必死すぎました、ハイ。
精神的に弱い子よ!!
次回は(ry


>二重のもふもふ
凝り性なんですYO!
ほら、シリーズの1巻がないと読みたくても読めないタイプ(ぉ
次回はあるかどうかわからないけど是非参加して欲しいにゃん!
・・・ってこれは自爆フラグなのかヽ(`Д´)ノ


>あぶにゃん
今回のイベントで、慣れていないなら素直に人の助けを借りる大事さというのも学んだですよ。
一人で考え込んでいたって別の人からすれば簡単に欠点が浮かび上がったりするからねw
まず企画するかどうかからですね(ぁ


>さーちゃん
さーちゃんの場合だとどうしてもちょっと特別扱いになっちゃったけどね(ノ∀`)
お遅刻さんなんだからー(´∀`)σ)`∀`)
最初から参加するためにはもうちょっと休みを取るようにしようね!
まずはそこからっw
by: かむなんちゃら * 2010/03/21 17:37 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://amaterasu7.blog18.fc2.com/tb.php/369-537daf05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

抑圧開放の地

プロフィール

かむなんちゃら

Author:かむなんちゃら
マリーサーバーで活動してる人。
チャンネルは自由気ままに。

プロフ画像は桜さんから頂きました!
ありがとうございます!!

メインキャラ名は神阿多都比売。
読みは”かむあたつひめ”。
”かむさん”とか”かむにゃん”って呼ばれると喜ぶそうです(ぉ

当ブログはリンクフリー。
バナーなんかはないけどリンクフリー。
相互リンクの申請もフリー。
リンク貼られたら貼り返します(゚ω゚)
しかしチキンなので他所のブログ様にコメントを残すことは稀です。

メインキャラスキル一覧

カテゴリー

web拍手

無記名コメントや一言コメントなどは
こちらからどうぞ~。

FC2カウンター

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

相互ブログ

巡回ブログ

お役立ちリンク

RSSリンクの表示

(*`ω` *)

Developed by devCat Copyright (c) Nexon Corporation and Nexon Japan Co.,Ltd. All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。